■プロフィール

鶴見アトリエアリス こども美術教室

Author:鶴見アトリエアリス こども美術教室
こどもたちの作品や制作風景を紹介しています

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■ブログランキング
■ブログランキング
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■全記事表示リンク
ありすマルシェ
こんにちは〜!

最近、絵画教室の記事がすくなかったな〜〜
と言うことで

5月は美術教室と同じく、絵画教室でも《塗り分け》という地味ーな課題だったため、(しかも絵画教室はそれが1ヶ月続く…。)
あまり、登場がなかったのです(^-^;)

でも、塗り分けの課題が終わった子たちは、サブメニューとしてお野菜をモチーフに描いていましたよ〜〜(^∇^)ノ

なので今日はとれたて新鮮!ありすマルシェをお届けいたします〜〜

P6100079.jpg

今回のお野菜も、もちろん本物を用意しましたよ♪

P6100080.jpg

アリスでは、花でも魚でもなんでも、なるべく本物を見て描いてほしいと思っています。
(あ、剥製が本物なのは内緒かもです(//>ω<))

P6100081.jpg

こども達には「先生、これ終わったら捨てちゃうの〜?」とよく聞かれます。

傷みすぎっちゃったときは捨てますが、時にはおいしく食べちゃうときもあるのです〜〜(*´~`*)

P6100082.jpg

「捨てちゃうこともあるよ」って答えると、けっこうな確率で「えー、ひどいー」の返答がきます。はい−。

でもね、食べ物だって人間が食べ物だと思っているだけで、本当はカボチャはカボチャでしかないのだよ!!

私達人間がもぐもぐ食べられるから、食べ物って思ってるだけで、カボチャは本当は、フワフワで暖かい土の上で太陽の光浴びて気持ちいいなぁ大きくなるぞーってしていたいのかも知れないじゃないかー。

P6100083.jpg

だから、
人間と同じで、カボチャにもいろいろなカボ生(かぼせい)があって


あの畑のカボ田くんは出荷されてお店に並んで、
向こうのカボ山さんは商品にはならず農家の人の食卓にならんだり、、
そもそも農家に生まれなかったり…



それぞれのカボ生があるのだと思います。



アリスに来たカボさんは無事に出荷されて、無事にスーパーに並んで、偶然アリスのS先生に(このカボチャ、種の感じとかモチーフにいいな〜)なんて選ばれて、みんなに描かれているのです。


P6100092.jpg


だから、食べられるのが正しいカボチャと思わずに、モチーフになったカボチャは、みんなに一生懸命描いてもらえると天命を果たせて良いカボ生だったと思えるのではないかなーと先生は思ってます。


P6100078.jpg



美術史上の絵画にでてくるモチーフも、ただあったから描いたってわけでもないのですよね。
やっぱり、人として生きている上でのそう言った哀しみなどをモチーフに込めて描いていたりするです。


P6100104.jpg



なんて、こどもたちには少し難しい話ですね。
こういう話もたまにはしたり、しなかったりです〜。




6月の絵画教室は梅雨らしいモチーフを描いていたりします♪
久しぶりの組モチーフ、みんながんばってね。






ではでは🐸






*******************************

体験授業やってます

こども絵画教室

こども美術教室

夏休みの短期教室の受付も開始してまーす♪

*******************************







こども絵画 | 10:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する