■プロフィール

鶴見アトリエアリス こども美術教室

Author:鶴見アトリエアリス こども美術教室
こどもたちの作品や制作風景を紹介しています

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■ブログランキング
■ブログランキング
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■全記事表示リンク
久々の日記です
なんだかバタバタとしているうちに、いつの間にか新しい年(歳!!)になってしまいました。
さて、年明け第一弾の日記…

今週は『お話しを聞いて描こう!』、懐かしの『読書感想画』です。
このカリキュラムは、イメージをふくらませるのにとてもよい課題で、普段、『自由画』や『イメージ画』といったお絵描きを苦手とする子もとても楽しく制作できる、私達も大好きなカリキュラムです(噛み噛みS先生は朗読が大変なようですが…)。

でもこの課題の楽しいところは、何と言ってもお話しを聞く時!
アリスきっての絵本マニア(?)、S先生が家から絵本を選りすぐって持ってきてくれるのですが、これが素敵なお話しばかりで私も毎回楽しみにしているほど。(絵も素晴らしいのですが、朗読を聞いて絵を想像して描くという課題内容なので、子供達に見せられないのが残念)

最近は『絵本ブーム』らしく、『大人も読める絵本』や『画集のような絵本など、絵本も子供達のものだけではなくなってきているようです。
なので、S先生が持ってくる絵本の中にも、高学年でも読み応えのあるものが沢山!

…で、(私達の、拙い)朗読を聞いているときの子供達の表情。これもいい。どの子もみんな眼がキラキラしている(こりゃ、つっかえるワケにはいかんな…)!!

頭に浮かんだ画像を、忘れないうちに…と、ものすごいスピードで無我夢中に描き続ける子。慎重に言葉やイメージを反芻するように描く子…。
にじみ絵やスパッタリング、時には画材を変えてみたり、色々工夫をしながら、頭の中に思い浮かんだ言葉のイメージにピッタリの色を考え、形を考えスケッチブックに描いていました。
どの作品も、絵本の挿絵にしたくなるような素敵な作品でした。


……つっかえつっかえの朗読で、Mくんに 「先生しっかり!!」 とつっこまれてしまった私。
こども美術 | 17:39:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する