FC2ブログ
 
■プロフィール

鶴見アトリエアリス こども美術教室

Author:鶴見アトリエアリス こども美術教室
こどもたちの作品や制作風景を紹介しています

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■ブログランキング
■ブログランキング
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

■全記事表示リンク
あけましておめでとうございますm(_ _)m
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。



アトリエアリスでは、昨日より「こども絵画教室」、新年最初の授業が始まりました(^_^)v

6720A03C-7E17-4412-95D0-51C80D98265E.jpeg

子供達もまだ冬休み中…とあってか、いつもよりだい〜ぶ少ない人数での授業でしたが(^_^;)

1F3F0F74-F3A0-410B-9ECC-825A4C76E184.jpg

ほぼマンツーマンのような状態で…
「ゆっくり」「まったり」…
更には
「しっかり」「じっくり」「がっつり」指導で
お絵描きしました(^^)

A92869A2-7CFC-46A5-9B53-212F21BC8CDB.jpeg

…そう、今月の絵画教室、
お題は…

「パッケージを描こう」

IMG_0179.jpg

というわけで、
こーんな↑見ているだけでヨダレが出ちゃいそうな…
もとい、お腹が鳴ってしまいそうな…

みんな大好き!
よ〜く見慣れたお菓子のパッケージを描いています(^皿^)

27949C68-7E6E-4B85-9F19-CF724D143079.jpeg

箱入りのお菓子が多かったので
直方体の描き方や…
円筒の描き方などもしっかり、手取り足取りじっくりお勉強…

コレも、少人数ならでは(^_^;)

E85D9B4F-39B5-4BC8-9BB6-1F6B3AF3B547.jpg

こども絵画教室は4日土曜日からスタートですが
こども美術教室は明後日7日火曜日からスタートです(^^)

久しぶりにみんなに会えるのを楽しみにしています♪


…年をまたいでしまいましたが、「クリスマス会」、「冬休み短期教室」の様子も追々UPしていきま〜す(^_^;)


こども絵画 | 17:14:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
ついに2020年…


11月に入り、アトリエアリスの子供クラス、中学生のクラスではそれぞれカレンダー制作をしています。
白地図ならぬ白カレンダー(画像などが入る部分が白抜きになっているモノ)を飾る絵を…

PB100722.jpg

こども美術教室は『紙版画』と『木版画』の技法で…
中高生のクラスは『ドライポイント』という、これまた版画の技法を使い…

そしてこども絵画教室は『ちぎり絵』の技法で制作しています。

PB100724.jpg

びりびり…
ぴりぴり…(紙をちぎる音(^_^;))

PB100723.jpg

ぬりぬり…

PB100726.jpg

ぺたぺた…

PB100725.jpg

「…せんせー、
つかれたーーーーーー!!!!!!」

作業を始めて1時間もするとぽちぽちとそんな声が上がってきます。

…う〜ん(^_^;)
これはなかなかの根気勝負な作業ですな(^_^;)

大人でもかなりの集中力が無いと続かない作業を、
「つかれたー」とこぼしながらも、みんなよく頑張っております(^^)
まだまだ次回も制作続きます(^_^;)
出来上がっておうちへ持ち帰ってきたら、ぜひほめてあげてくださいね〜(^o^)

完成作はまた後日UPしまーす(^_^)v

こども絵画 | 17:22:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
じぶんのかお
P6200059.jpg

ジトジト…ジメジメ…
と、ちょっぴり鬱陶しい陽気の毎日ですが(恵みの雨とも言いますが…(^_^;))
アトリエアリスでは、今日も元気にお絵描きしています(^^)

6月の絵画教室は…

P6230169.jpg

…もうおわかりですかね(^_^;)

自画像(じぶんのかお)を描きました(^^)

P6080458.jpg

ゴッホやレンブラントなどなど大家の画集を見せながら、人の顔の仕組み(目鼻の位置関係)や自画像の歴史について少しお話…

顔の造作って描き所満載、肌の色味も複雑で、とても勉強になるんですよね

自分のお顔を描くことに、少々抵抗もある子もいたようですが…
(照れくさかったり、難しいと思ってしまったり…理由は色々あるようです(^_^;))
じっくり鏡の中の自分と向き合って描き始めたら、だんだんと筆ものってきたようです(^^)

みんないい顔の作品に仕上がりましたよ〜〜〜

P6230173.jpg

本人にそっくりすぎるこの作品!!
顔ばれしちゃうかなぁ(^_^;)と思うくらいによく描けています
(髪の毛の表現が秀逸!!)

P6090470_201906231709420fb.jpg

これもそっくり!!
上から見下ろしている表情がよく描けています。なかなかいいアングルです。

P6230174.jpg

この子はほおづえをついている自画像を描きました。
手までキチンと描いていて、よく頑張りました。
表情もよく、自然でリラックスしている様子が伝わってくる作品です。

P6300257.jpg

この作品もとてもいい表情ですね(^^)
肌の色味も混色を工夫して描いています。
楽しそうな雰囲気の作品です。

P6230172.jpg

これも作者の雰囲気にそっくりな作品です。
Tシャツのロゴ、がんばりました!!

P6230171.jpg

先生達に大評判、とても可愛らしい作品です。
背景に『大好きな物』をたくさん描きました。がんばりましたね♪

P6300258.jpg

何度も重ねて描いて重ねて描いて…がんばって制作していました。
大人っぽい雰囲気の自画像になりました(^^)


…もっともっとたくさん名作があって、全部紹介したいのですが(^_^;)
お時間のあるときにまたアップしていきたいと思います(^^)/


…おまけ

P6290253.jpg

ネリゴムでメッセージを残していったHちゃん…

画材で遊んじゃいけないよ!
と注意しつつも、
楽しんで撮影しているダメな先生…(^_^;)
でした(^_^;)

こども絵画 | 17:24:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
えのぐれんしゅう

こども美術教室がスケッチ遠足のため、いつもより静か〜な今週のアトリエアリス…(^_^;)




落ち着いた空気の中、黙々と筆を進めるKくん(^o^)

がらんとした1階フロアとはうって変わって、
2階フロアは、こども絵画教室、一般絵画教室(大人のクラス)と通常授業がおこなわれており、
普段どおりの楽しげな水曜日風景です(^_^)

こども絵画教室・幼児クラスでは、絵の具の塗り分けをしています(^_^)

年度の初めは、道具の使い方の練習として、絵の具の塗り分けをしています。
こちらも毎年春のお馴染みの風景です(^_^)v

P4240440.jpg


青い絵の具と赤い絵の具、黄色い絵の具を混ぜ混ぜ混ぜ…
筆先を上手に使ってお花の中をきれいに塗りますよ。

黃色と青を混ぜると・・・・
あら、不思議♪葉っぱの色が出来ました(^o^)
(なんと、色の三原色のお勉強にもなってます(@o@)!!!!)

P4240447.jpg

幼児さんが帰ったあとは、ちょっと大人っぽく小学生の静物画制作です。

ワインびんの透明感、よく観察して描けていますね〜(^o^)

P4240444.jpg

明日木曜で終了の課題のため、みんな仕上げに向かって頑張っています。


こども絵画教室、こども美術教室の授業は4月27日〜5月6日までお休みです
(こども美術教室は4月27日スケッチです)

お間違えのないよう、お願いいたします。

こども絵画 | 19:48:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
お花を描こう
こども絵画教室4月のお題、「お花を描こう」から、
作品を少しご紹介(^^)/

P4170257.jpg

混色を上手に使って、お花の優しい色合いが表現できました(^^)/

P4170260.jpg

こちらは力強くいきいきとしたお花に仕上がってますね(^o^)
作者の明るく元気な雰囲気が、作品に反映しています。

P4170259.jpg

切り花を描き終わった人は鉢植えにも挑戦しています。
S先生が手塩にかけて育てているマリーゴールド。こんもりとした葉っぱの感じが良く出ていますね。

P4170258.jpg

こちらも元気いっぱいお花を描いていますね。
スターチスの枝振りが上手に描けていますね(^o^)

P4170255.jpg

こちらの作者は、葉っぱの数も忠実にキチンと描いています

P4170254.jpg

こちらも上のユリと同じ作者ですが、カーネーションの一本一本丁寧にしっかりと描き込んでいます。
すごい(゜Д゜)!!!!

P4170253.jpg

お花を描き終わった人は、静物画を制作しました。

ワインビンのあるモチーフなので、夜空をイメージした背景にしたそうです(^_^)

P4170252.jpg

こちらはパーティーのようなイメージ(^_^)
ワインびんのラベルの細かい絵柄もしっかりと描けていますね(^o^)


こども絵画教室、4月27日(土)〜5月5日の授業はお休みです。
お間違いのないよう、お気をつけくださいm(_ _)m

こども絵画 | 10:39:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ